Dropbox/ドロップボックスを使う

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインストレージのDropboxのアカウントを作ってみました。2GBのオンラインストレージが無料で使えます。

Dropboxを使う

まずはアカウントを作成します。Dropboxのサイトにアクセスして、右上のLog inをクリックし、そこに現れるウィンドウの下にある「Create an account」をクリックします。ちなみにページの右下にある「English」をクリックすると日本語が選べます。

Dropboxのアカウントを作成

アカウント登録ページに移動します。表示される4項目を全て入力します。

Dropboxのアカウントを作成

まずは名前の入力ですが、First nameとLast nameのそれぞれにどちらを入力するのか。First nameは苗字なのか名前なのかは、いろいろな考えがあるみたいですが、First nameに名前、Last nameに苗字を入力すると、日本語化した時に苗字と名前が正しく割り当てられます。

入力後、「Create account」をクリックするとアカウントの登録がされて、同時にDropboxのダウンロードが始まります。

110406_dropbox04.jpg

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開くと、アプリケーションの本体が表示されます。

Dropbox.app

ブラウザでのみの利用ならDropbox.appをインストールする必要はないと思います。インストールする場合はApplicationsフォルダーにドラッグ&ドロップします。

Dropbox.app

インストールしたらApplicationsフォルダのDropbox.appをダブルクリックしてDropboxを起動します。

Dropboxが起動すると画面上部のメニューバーにDropboxのアイコンが登録されます。Dropbox Setupはとりあえず「Continue」で最後まで確認します。特に何もしなくて良さそうです。

Dropbox

メニューバーのアイコンをクリックするとDropboxのメニューが表示されます。メニューにある「Launch Dropbox Website」を選ぶと、Dropboxに自動的にログインした状態でDropbox.comにブラウザーからアクセスされます。

Dropboxのメニューバーアイコン

メニューバーにアイコンが登録されるのと同時に、ユーザーフォルダーの中にDropboxフォルダーも作成されます。このフォルダーはDropboxのサーバーと同期されるので、新しいフォルダーを作ることで、ブラウザーからアクセスするオンライン上のDropboxにも同じフォルダーが作られ、中のファイルがアップロードされます。

Dropboxフォルダー

Dropboxフォルダーの中にはデフォルトでPhotosとPublicの2つのフォルダーがあります。

Dropboxフォルダー

Dropboxを日本語化するにはブラウザでDropbox.comにアクセスして、右下の「English」というところをクリックすると、言語を選択するメニューが表示されるので日本語を選ぶだけです。

Dropboxの日本語化

110406_dropbox11.jpg

日本語化されたメニューはこんな感じです。

110406_dropbox12.jpg

110406_dropbox13.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めてからカウンター日が経ちました。

公開記事数は記事数件で、日/記事数日に1エントリーのペースで記事を書いていることになります。