ソニー、ネット音楽配信でアップルに楽曲提供

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーもiTunesに楽曲提供ですか。提供されたら何買おうかな?う〜ん、かなり選択の幅が広がりますね。

ちなみに、私はまだ1曲も買ったことないですが、フリーダウンロードは5曲程落としました。フリーダウンロードは水曜日頃更新されるらしいです(未確認情報)。どうせ、iTMSで買うなら記念にApple iTunes Music プリペイドカードでも買ってみようかしら...。このカードのデザインもいずれ変わるんでしょうけど、どれくらいの周期で変わるのかな?とりあえず、全部、揃えてみる?

ソニー、アップルに楽曲提供 YOMIURI ONLINEより引用

国内レコード会社最大手のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は4日、インターネット音楽配信で世界最大手の米アップルコンピュータの「iチューンズ・ミュージックストア」に、年内にも配信用の楽曲を提供する方針を明らかにした。

ソニーとアップルは、デジタル携帯音楽プレーヤーやネット音楽配信でライバル関係にある。SMEの楽曲提供は「敵に塩を送ることになる」(業界関係者)が、ネット配信で利用者が最も多いiチューンズに参加しないと、音楽配信に意欲的な所属アーティストの不満が高まる恐れもあり、配信代行手数料などで合意し次第、曲の提供を始めることになった。

8月4日に日本でもサービスを開始したiチューンズは、国内レコード会社15社と契約して約100万曲を配信しているが、洋楽が中心で、邦楽分野の充実が課題とされていた。人気アーティストの多いSMEの参加で、日本国内の音楽配信ビジネスでも一段と優位に立ちそうだ。

SMEは中島美嘉、平井堅ら日本の人気アーティストの曲を多数保有する。また、国内レコード会社が共同出資するネット音楽配信会社「レーベルゲート」の運営の軸となるなど、国内レコード業界に大きな影響力を持つ。SMEは、iチューンズにも曲を提供することで収入増を図る。

ソニーは、自社の携帯音楽プレーヤーとネット配信サービスの連携強化で、競争に優位に立つ戦略を進めている。

音楽配信 音楽をインターネットでパソコンや携帯電話に配信すること。アップルコンピュータが市場をけん引し、レコード各社が相次いで参入しているほか、ポータル(玄関)サイトもサービスを始めている。音楽をパソコンから、持ち運びに便利な携帯音楽プレーヤーに移して聴くこともできる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めてからカウンター日が経ちました。

公開記事数は記事数件で、日/記事数日に1エントリーのペースで記事を書いていることになります。