movabletype.netでテーマを作ってみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ記事は「Movable Type Advent Calendar 2015」の16日目の記事です。

Movable Typeのオンラインサービスであるmovabletype.netでテーマを作成してみました。

このmovabletype.netの最大の特徴はオンラインサービスというところです。そのため公式サイトにも謳われていますが、サーバーの管理をする必要がなく、常に最新版の安定した環境で使うことができます。

必要な機能に絞り込むことで価格を抑えてあることや、静的ファイルの書き出しではなくダイナミックパブリッシングのみであるという特徴など、ソフトウェア版のMTとの違いがあります。

今回、このmovabletype.netを使ってテーマを作成してみましたが、まず第一印象は動作が表示が速いです。ソフトウェア版のMTでもスペックの高いサーバーやクラウド版を使えば高速な環境でMTを使うことは出来ますが、インストールするサーバーに左右されてしまいます。movabletype.netなら常に快適に使うことができます。

サイトの構築も基本的にソフトウェア版のMTと同じMTタグ(MTML)を使うので、新たに何かを覚えないといけないなどということはほとんどないので、MTを使えるなら抵抗なくmovabletype.netも使えます。

小規模なサイトには丁度いい感じではないでしょうか。

このように書いてくるとmovabletype.netはMTの機能限定版のようなイメージですが、ソフトウェア版のMTにはない便利な機能が標準であったりもします。

まずはメールフォームです。ソフトウェア版ではプラグインなどを使う必要がありますが、movabletype.netには標準でメールフォーム機能があります。管理画面から送信先のメールアドレスとフォームの項目を選んで保存した後に生成されるHTMLソースをテンプレートに貼り付けるだけで使えるようになります。

強いて言えばメールフォームの項目にチェックボックスやプルダウンなども追加できるといいのですが...。

もう一つはファイルマネージャ機能です。これはMTでもアイテム機能を使えば同様のことはできますが、ファイルマネージャでフォルダを作ってファイルを保存しておくと、フォルダごとにファイルを一覧表示できるのでパソコン感覚でファイルを管理できて分かりやすいと思います。

ただ、使っていてこの機能があったらと思うものもあります。

一つ目はアイテムのタグ・クラウド機能です。今回作ったテーマではトップページに画像スライダーを付けましたが、ここに表示させる画像の選択にタグ(プライベート・タグ)が使えたらと思いました。

もう一つはアイテムにもカスタムフィールドを追加できたらいいなと。アイテムのタグ・クラウドに通づるところもありますが、アイテム(特に画像)の振り分けたりなどが必要になった場合、OGP用の画像を設定しやすくするためなどにあったらいいな思います。

この辺りは今後追加されるのか、それともこれ以上はソフトウェア版のMTを使ってくださいになるのかわかりませんが、現在もmovabletype.netは機能が追加されているので今後に期待ですね。

ちなみに本日も新しい機能が公開されていました。
https://movabletype.net/2015/12/folder.html

今回作ったテーマです。(一部画像はPAKUTASOさん)
http://farm.movabletype.io
ユーザー名:mel0dy
パスワード:nels0n
↑このBasic認証も標準機能です。