Movable Typeでサイトを管理することについて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

Movable Type Advent Calendar 2014の10日目の記事です。

Movable Typeでサイトを管理する際、カテゴリーページのURLが「http://www.URL/メインカテゴリー/サブカテゴリー/」となる設定が使われることがよくあると思います。

20141210181212_blogpix.jpg

このように「/メインカテゴリー/サブカテゴリー/」の様にディレクトリを切ってファイルを管理するのは、CMSを使わずにウェブサイト構築にDreamweaverなどを使ってHTMLファイルを作り、FTPソフトでアップロードしていた時代の名残なのかなと思います。このようにするとHTMLファイルなどファイル管理しやすかったですからね。

しかし、MTを使ってサイトを構築する際はFTPソフトでファイルをアップロードすると言うことは基本的にないと思います。ファイルやデータの管理は管理画面で全部出来てしまいます。

カテゴリーの管理も然りです。カテゴリの管理も管理画面ですることになり、カテゴリーの順番や親子関係もドラッグ&ドロップで変更することが出来ます。

20141210162210_blogpix.png

20141210162237_blogpix.png

例えば「あるカテゴリー」のサブカテゴリーが増えてきたり、サブカテゴリーのコンテンツが充実してきたので、サブカテゴリーからメインカテゴリーに変更するということが管理画面で簡単に出来ます。

カテゴリーの階層構造、追加などが簡単にできますが、その結果、問題になってくるのが「/メインカテゴリー/サブカテゴリー/」のようにカテゴリーを管理していると、階層構造の変更に伴ってURLが変わってしまうということだと思います。

先ほどのようにMTでサイトを構築する場合、HTMLファイルや画像ファイルを直接管理することはなく、FTPソフトを使うこともはほとんどないと思います。ファイルの管理のしやすさというのはそれほど必要がないように感じます。

それなら、カテゴリーのアーカイブはメインカテゴリー/サブカテゴリーを分けずに、「http://www.URL/category_dir/カテゴリー・ベースネーム.html」の様に、カテゴリー・アーカイブごとにファイル名(カテゴリー・ベースネーム.htmlなど)を変えて一箇所(先ほどの「category_dir」というディレクトリ)にまとめて管理してしまった方がいいのではないかと思います。

これなら、MTの管理画面上でカテゴリーの階層構造を変更したりしてもURLが変わってしまうことはありません。ソーシャル・ネットワーク等でシェアされたコンテンツのリンク切れが発生しにくくなると思います。また、ユーザーには今まで通り親子関係がわかるようにマークアップされてHTMLが書き出されるので、ユーザーにとっては使い勝手は変わりません。

サイトの修正やリニューアルがあっても手間のかからない運用ができるように考えていきたいですね。

[2014,12,28:追記]
2014,12,28 テキストを修正しました。
[2014,12,28:追記ここまで]