蜩の記

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

20141010193346_blogpix.jpg

蜩の記、観てきました。良かったです。

蜩の記

<蜩の記>とは
十年後の切腹を命じられた主人公・戸田秋谷が、その過酷な運命を受け止め、一日一日を大切に生きる日々を綴った日記。
秋の気配が近づくと、一日が終わるのを悲しむかのように鳴く"蜩"と、"その日暮らし"の身であるという意味を掛けて、その日記を<蜩の記>と名付けた。

藩のために自分の命を捧げることを決意して、10年間、最後の奉公を果たすべく生きていく一人の侍・戸田秋谷(役所広司)の生き様を描いた映画です。

物語が動き始めるのは、小さな村で静かに暮らしていた戸田秋谷の一家の元に一人の若い侍・壇野庄三郎(岡田准一)が見張り役として送り込まれ、生活をともにするようになってからです。

初めは見張り役として送り込まれた壇野庄三郎は、生活を共にする中で侍・戸田秋谷の魅力に心を動かされ、また、自信の正義感から戸田秋谷の真実を確かめようと色々と探り始めていきやがて真実にたどり着くことになります。

藩のために命を捧げた生き様、一日一日を大切に生きる姿が伝わってくる映画でした。