XcodeとiOSシミュレータ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

20140505152124_blogpix.png

Mac App StoreからXcodeをダウンロード/インストールするとiOSシミュレータが付いてきます。iOSアプリの開発の為に使うものですが、スマホサイトの作成時の表示確認にも使えます。

20140505152940_blogpix.png

Xcodeを起動してメニューから「Xcode > Open Developer Tool > iOS Simulator」を選ぶとiPnoneのデザインのウィンドウが開きます。

20140505153311_blogpix.png

SafariをクリックしてアドレスバーにURLを入力すると普通に使えます。

20140505154204_blogpix.png

lightboxも動作します。

20140505154242_blogpix.png

Bookmarkも出来ます。

20140505155353_blogpix.png

Mapsアプリも使えます。デフォルトの現在地は「デバッグ > 位置」から変更できます。

20140505160251_blogpix.png

20140505160322_blogpix.png

横向きにも出来ます。ピンチイン/ピンチアウトをしたい時は、Optionキーを押しながら操作することで出来ます。

20140505160722_blogpix.png

「ハードウェア > デバイス」からiPadなども選択できます。

20140505160908_blogpix.png

20140505160940_blogpix.png

Settings/設定で日本語環境にも出来ます。

20140505161139_blogpix.png