Transmit/トランスミットのDroplet.appで簡単アップロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

FTPソフトはTransmit/トランスミットを使っています。

20140109173148_blogpix.png

たまたま、サーバー上のディレクトリを右クリックしてみたら、メニューの中に「ドロップレットとして保存...」という項目があるではないですか!

20140109173504_blogpix.png

「ドロップレットとして保存...」を選択すると保存場所を聞かれるので、分かりやすい名前を付けて保存したい所を指定して保存します。

20140109173807_blogpix.png

「〜 droplet.app」というDropletが作成されます。

20140109174138_blogpix.png

使い方は簡単で、アップロードしたいファイルを先ほどの「〜 droplet.app」へドラッグ&ドロップするだけでファイルがアップロードされます。

ドロップレットを保存する際「ドロップレット内にパスワードを保存する」を選んでいたので、ファイルをドラッグ&ドロップするだけでファイルがアップロードされます。

システム環境の設定によってはファイルをドラッグ&ドロップした際に下記のようなアラートが出る場合があります。

20140109175524_blogpix.png

その際は、一度ドロップレットを右クリックして開くを選択して、表示されたアラートの「開く」を選択します。一度、この処理をしておけば以後はアラートが出ることはありません。

20140109180828_blogpix.png

20140109175703_blogpix.png

ドロップレットを保存する際「パスワードプロンプトを表示する」を選択して保存すると、ファイルのアップロードをする度に、パスワードの入力が必要になります。

20140109174826_blogpix.png

また、Dropletを保存する際に「アップロード後にURLをコピーする」にチェックを入れておくと、アップロードしたファイルのURLがクリップボードにコピーされるので、テキスト・エディタなどにペースト出来ます。

20140522174503_blogpix.png

20140109181024_blogpix.png