splashtopを使ってiPadをサブディスプレーとして使う

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

20130722163333_blogpix.png

splashtop Streamerとsplashtop XDisplayを使ってiPad miniをMacBook Airのサブディスプレーとして使います。

20130722163423_blogpix.png

まずはMacBook Airにsplashtopのサイトから「Streamer」をダウンロード/インストールします。
splashtop

20130722163537_blogpix.png

セキュリティー・コードを設定します。設定画面が表示されていない場合は、メニューバーのアイコンから設定ウィンドウを開きます。

20130722175938_blogpix.png

20130722163945_blogpix.png

「設定」の「バーチャルディスプレードライバのインストール」をクリックしてドライバのインストールします。ドライバを有効にするため再起動します。

20130722173144_blogpix.png

20130722173234_blogpix.png

続いてiPad miniの設定をします。iPad miniにはApp Storeから「splashtop XDisplay」をダウンロード・インストールします。
splashtop XDisplay

splashtop XDisplayを起動して画面の指示に従い設定を完了させます。

20130722165124_blogpix.PNG

iPad miniにインストールしたXDisplayを起動すると同じネットワーク上にある接続可能なパソコンの一覧が表示されます。

20130722170400_blogpix.PNG

接続したいパソコンを選択するとセキュリティーコードを求められるので、Streamerで設定したセキュリテーコードを入力します。

接続が完了すると下記の画面が表示されるので「continue」をタップします。

20130722174550_blogpix.PNG

MacBook Airで開いたウインドウをiPad miniにドラッグした状態が下記の画像です。

20130722174832_blogpix.PNG