IE6撲滅キャンペーン&IE9は2011年4月26日リリース

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

The Internet Explorer 6 Countdown

Microsoft自らがオープンしたサイト「The Internet Explorer 6 Countdown」はInternet Explorer 6を使っているユーザーを減らしていくというキャンペーンみたいなものですが、果たして効果の程は?

2011年2月28日の時点で、日本ではIE 6の割合は10.3%となってます。

IE6撲滅キャンペーン

そして、約1ヶ月後の2011年3月31日のIE 6の割合は10.1%となっています。

IE6撲滅キャンペーン

パーセンテージは0.2%減となっています。この減り具合が多いのか、少ないのかは分かりませんが、徐々に減っていますね。でも、このキャンペーンの効果は・・・。

そして、2001年4月26日にInternet Explorerの最新版Internet Explorer 9のリリースがアナウンスされました。

Internet Explorer(R) 9 日本語版の提供日について
日本マイクロソフトは、このたびの震災に伴い、重要な通信インフラとなっているネットワーク回線への負荷軽減への配慮などから、 3 月 15 日(火)午後 1 時(日本時間)に予定されていた最新ブラウザーInternet Explorer(R) 9 日本語版の製品版提供の延期をしておりましたが、このたび新たな提供日を 4 月 26 日(火)午前 0 時(日本時間)と決定しましたのでご案内申し上げます。なお、ネットワーク回線への負荷軽減のため、同日はダウンロード提供のみで、当初同日実施を予定していたベータ版・製品候補版ユーザー向けの自動更新については後日段階的に実施する予定です。

IE 9はHTML5とCSS3を多くサポートし、また、他のモダンブラウザの様にW3Cに準拠したブラウザーとして期待されてます。Internet Explorerを使うならこのIE 9が一番良いのではないでしょうか。

しかし、IE 9がリリースされてもIE 6の利用者が大幅に減るということはないのでは...。

現在もIE 6を使っている人はWindows XPを使っている人が多いと思うので、OSがWindows 7ではないと使えないIE 9には乗り換えられないからです。

ということで、Windows 7以外のユーザーはFirefoxChromeがいいのではないでしょうか?